nurse

腎臓病の症状について知る|病院探しに役立つ情報ナビ

特徴あるクリニック

患者

東京都新宿区には内科クリニックが多くあり、人気を得ているところがあります。それは疲労回復のメニューを持っていたり、深夜営業に対応しているためです。疲労回復メニューには自費診療のものも多いので事前確認をする工夫が必要です。また、よく利用するクリニックを一つにすると、自分のかかりつけ医になります。

詳細へ

怖い脳の病気

男性

脳腫瘍は、一度出来てしまうと治療に時間とお金がかかってしまいます。日ごろから規則正しい生活を心がけ、脳腫瘍の予防をはかると供に、体に異常を感じた場合はすぐに病院へ行き、早期発見、治療に努めることが重要です。

詳細へ

腎臓の病気とは

女性

初期に自覚症状のない病気

腎臓病は、初期の段階ではほとんど自覚症状が見られない病気です。腎臓の機能がある程度まで低下してしまうまで気づかず、そのあとの治療に時間がかかってしまうこともあります。そのためには、少しの異変でも見逃さず早めにクリニックで検査を受けることが大切です。腎臓病の自覚症状にはむくみや尿の異常があげられます。顔や足のむくみが頻繁に起こるようになり、押してもへこんだ部分がなかなか元に戻らなくなったりします。また、尿の量が異常に多くなったり少なくなったりすることもあります。それに白濁した尿や血が混じったものが出る場合も考えられます。そのほかに、貧血や立ちくらみがよく起きるようになったり、常に倦怠感やだるさを感じるようになったらクリニックで受診してみることが必要です。

その症状とは

腎臓病は、自覚症状があらわれた時には病状がかなり進行している場合があります。腎臓の機能が低下すると「腎不全」におちいり、尿による体内毒素の排出ができなくなったり、必要な栄養素が排出されてしまったりします。それに、体の水分や血圧なども調整できなくなるので、これが原因でほかの病気を引き起こしたりするため早期発見が何よりも大切になるのです。腎臓病は、慢性の場合は食事療法が治療には欠かせないポイントになります。一番必要なのは、タンパク質を抑えた食事を摂ることです。タンパク質は、体内で分解されるとその8割近くが老廃物となります。腎臓の機能は老廃物を処理することなので、その負担を減らすことは必要なことです。摂取制限量は、体質や病状などによっても違ってくるので医師の判断を仰ぎましょう。

改善と悪化を繰り返します

医者

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜が炎症を起こして腫瘍ができる症状のことです。若い人に多く改善と悪化を繰り返すのが特徴的です。症状を緩和させる食材があるので積極的に摂りましょう。そして潰瘍性大腸炎の誘因といわれているストレスや疲労を溜めないようにすることも大切です。

詳細へ