病棟

腎臓病の症状について知る|病院探しに役立つ情報ナビ

怖い脳の病気

男性

すぐに病院へ行きましょう

脳腫瘍は、頭蓋骨の中に出来る腫瘍の総称です。脳腫瘍には二種類のものがあり、脳や、脳周囲から生じた「原発性脳腫瘍」と、他の臓器のがんが脳に運ばれて生じる「転移性脳腫瘍」があります。いずれの腫瘍も、症状に関しては、頭蓋骨が圧迫されることによって起こる頭痛、それに伴う吐き気、意識障害、などがあげられます。また、これらの症状は朝方に現れることが多く、脳腫瘍の特徴的な症状のひとつであると言われています。また、脳腫瘍の場所によっては、左、または右半身が麻痺状態になったり、視覚障害、聴覚障害などの症状が現れることもあります。少しでも体にこのような異常を感じた場合は、すぐに病院へ行き検査を行うことをオススメします。

効果的な予防法とは

脳腫瘍を発症してしまうと、まずは検査によって悪性か良性かを調べます。悪性だった場合は、他の臓器に転移してしまう可能性が高いため、すぐに治療に取り掛かり、腫瘍を取り除く必要があります。腫瘍の大きさなどによって治療法は異なりますが、いずれにしろ治療には時間とお金がかかってしまいます。そのため、脳腫瘍にならないための予防が大切となります。効果的な予防法は、生活習慣の改善です。高脂質、高タンパクのものを控え、ビタミンや野菜を多めに摂取するよう心がけ、また、適度な運動を行うようにします。タバコも脳腫瘍が出来やすい原因となってしまう場合もあるので、タバコを控え、また、ストレスを溜めないということも重要です。生活習慣を見直し、健康な生活を送ることが、脳腫瘍の効果的な予防法と言えます。